BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
よくわかる!自律神経の仕組み🌟

よくわかる!自律神経の仕組み🌟

こんにちは!

完全通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan天神店トレーナーの栫井(かこい)です🌹

今回は、自律神経の仕組みについて解説していきます。

知っているようで、意外と理理解できていない自律神経の仕組み

一緒に学んでいきましょう✌️

①神経について

まずは神経系を働きの違いから大きく2つに分けると

🌹体性神経系 (骨を動かす筋肉の運動等)
🌹自律神経系 (心臓や内臓の調整等)

があります。

②自律神経系とは?

自律神経は、呼吸・消化・排泄・体温の調節など、
体内環境の調節など、体内環境の調節に働いていて、
「無意識的」に調節されているのが特徴的です。

例えば、
食べたものは胃に運ばれ無意識のうちに腸まで運ばれています。

これは自律神経が内臓壁の壁の「平滑筋」を収縮させることで
食べ物の移動が行われています。

③自律神経の種類

自律神経は、互いに拮抗した働きをする
「交感神経」と「副交感神経」があります。

🌹交感神経
体が活発な時に優位に動き、消化器系の運動を低下させたり、
心拍数を増加させたりします。
(その他:気管支の拡張・血圧上昇・血糖上昇等があります。)


🌹副交感神経
安静にしている時に優位に動き、消化器系の運動を促進させたり
心拍数の減少を起こします。
例えば、緊張している時は交感神経が優位に働くので、ドキドキ(心拍数↑)
逆に、リラックスして副交感神経が優位に働くと、ドキドキしません。(心拍数↓)

④自律神経のバランスが乱れると?

「自律神経のバランスが乱れる」というのは、
交感神経と副交感神経の働きのバランスが
崩れてしまっている状態です。


そうなると
・血圧の調節に異常が出て起立性低血圧が起きる
・体温の調節に異常が出て冷え性になる
・排便に異常が出て便秘になる
・消化器系の異常から消化不良

⑤自律神経を整えるには

自立神経がバランスよく働くためには、
「基本的な生活習慣」が大切です。

例えば
・朝起きて、夜に眠る
・日中に太陽を浴びる
・食事はバランスよく
・程度な運動をする
・ストレスを溜めすぎない

🌹まとめ

人には、概日リズムと言って体内環境を24時間周期で
適切に調節するシステムが備わっています。

しかし、生活習慣が乱れる事で概日リズムが乱れ、
自律神経のバランスも乱れてしまいます💦

だからこそ、自律神経が正常に働くために、
まずは「基本的な生活習慣」を大切にしましょう✨

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください。

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。