BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
【前編】抗酸化作用のファイトケミカルとは

【前編】抗酸化作用のファイトケミカルとは

こんにちは!

”福岡初”の完全個室通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan(クロニクルジャパン)天神店トレーナーの大野です!

一度は聞いた事のあるファイトケミカル(植物性化学物質)について

お話していきたいと思います!是非最後までご覧ください。

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください↓

https://chronicle-japan.jp

ファイトケミカルとは

ファイトトケミカルとは植物が紫外線や昆虫などの有害なものから体を守るために作りだされた

色素や香り、辛味、ねばねばなどの成分のことです。

ファイトケミカルは必須栄養素ではないものの、体にとっては良い作用をするため、

健康を維持するためにはぜひ摂取したい重要な成分です。

そんなファイトケミカルはタンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル・食物繊維の

6大栄養素に次ぐ【7大栄養素】と言われています。

ファイトケミカルを摂ることによる効果

ファイトケミカルの最も期待されている健康効果は、抗酸化力です。

人は呼吸の際に酸素を利用しますが、取り込まれた酸素の一部は活性酸素や

フリーラジカルという、体内の成分と反応しやすい状態になります。

活性酸素やフリーラジカルは、たんぱく質と反応してその機能を損なったり、

脂質を酸化して過酸化脂質を生じさせたり、遺伝子の損傷を引き起こしたりすることで

老化、がん、動脈硬化、生活習慣病などの原因となると考えられています。

体内にも活性酸素やフリーラジカルによる酸化を防止するメカニズムがありますが、

抗酸化物質を摂取することで、酸化を防ぎ、老化や様々な病気やリスクを低下させることが期待されます。

注目されているファイトケミカル

ファイトケミカルの中で注目されているポリフェノール、カロテノイド、含硫化物があります。

ポリフェノール:抗酸化作用のあるファイトケミカルの代表がポリフェノールです。
        赤ワインやブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、お茶などに含まれる
        カテキン類、コーヒーに含まれるクロロゲン酸などによるポリフェノールの仲間で、
        人の体内で強い抗酸化力を持つことだ知られています。

カロテノイド:水に溶けやすい性質を持つポリフェノールに対し、
       脂溶性の性質を持っているファイトケミカルがカロテノイドです。
       カロテノイドには、ニンジンやカボチャなどに含まれるβーカロテンのほかに、
       トマトに多く含まれるリコピンや、ホウレンソウやブロッコリーに含まれるルテインがあります。

含硫化合物:抗酸化作用を持つファイトケミカルの他に、注目したいのが大根やワサビに含まれる
      イソチオシアネートや玉ねぎ、キャベツに含まれるシステインスルホキシドです。
      これらの化合物は硫黄を含んでおり、辛みや強い刺激臭が特徴です。
      これらのファイトケミカルは抗酸化作用も持っていますが、血行や血流の促進、
      強い抗酸化作用、肝臓や消化管の解毒酵素の活性化などの効果があります。

その他のファイトケミカル:その他に大豆の渋み成分であるサポニンには抗酸化作用の他に、
             血中の脂質やコレステロールを低下させる効果があります。
             またハーブなどの香り成分であるテルペン類にも抗酸化作用があります。

→後編に続く

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。