BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
栄養の基礎知識とサプリメントの実践法をしろう!パート2

栄養の基礎知識とサプリメントの実践法をしろう!パート2

こんにちは!

”福岡初”の完全個室通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan(クロニクルジャパン)天神店トレーナーの田中です!

今回も栄養について知っておくべき基礎知識とサプリメントの活用法について

また違った内容を解説します!

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください↓

https://chronicle-japan.jp

タンパク質と糖質は同時に摂った方がいい?

◎一緒に摂った方がいいです。タンパク質も糖質も、脂質と合わせて三大栄養素の一つ。一般の食材を見ると、糖質は独立している一方で、脂質とタンパク質は常に共存していることが分かります。つまり、タンパク質は、意図して摂らないと糖質と出会えないのです。自然界において糖質とタンパク質が互角に入っているのは、母乳だけと言われています。ただし、糖質はパンやごはんなどの主食に含まれており、常に身体に入ってきやすいので、例えばプロテインを飲む時に常に糖質を摂るべきという意味ではありません。

◎しかし、トレーニング直後などはプロテインに糖質を加えた方が体内の利用効率は上がります。これは糖質による筋肉の分解抑制やグリコーゲンリカバリーといった効果に加えて、インスリンの効果も期待できるからです。トレーニング直後の2つの大まかな役割を言うと、タンパク質は筋合成、糖質は筋分解の抑制をします。終わった後にプロテインを飲むなら、マルトデキストリンのような吸収の早い糖質を摂ると、この役割分担とも相まって、より栄養補給の制度が上がります。

プロテインとは実際何ですか?

◎私の主観として、最も誤解の多いサプリメントはプロテインだと思います。飲むと身体が硬くなる、伸長が止まるといったネガティブな誤解や、飲むだけで筋肉が付く、スタミナが付くといったポジティブな誤解までさまざまあります。プロテインとはタンパク質の塊を粉にしたものであり、正確にはプロテインサプリメント、プロテインパウダーと言います。先ほどもい言った通り、食材に含まれるタンパク質は通常脂質とセットなので、タンパク質だけをとるのは意外に難しいものです。ささみや赤みの鮪などがボディビルダーに好まれるのは、タンパク質リッチなのに脂質が含まれていないからです。ボディメイクをしたい人は、普通よりタンパク質をたくさん摂りたいにも関わらず、そういった食材は限られています。そこでプロテインの存在意義が生まれるのです。

◎もう一つは吸収効率。普通は、筋肉が分解してアミノ酸になって血中にでて使われるまでに6時間くらいかかります。しかし、プロテインならその工程を2時間でできるのです。さらなる利点は、摂った量が正確に分かること。食事ではなかなかわからないのですが、プロテインは確実に何グラム摂ったか計算できます。こうした多くの利点をもつものが、サプリメントとしてのプロテインです。

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。