BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
極太の腕を作ろう!三頭筋トレーニング3選

極太の腕を作ろう!三頭筋トレーニング3選

こんにちは!

福岡 天神、北九州市 黒崎にある

“福岡初”の個室通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan(クロニクルジャパン)黒崎店トレーナーの吉田です!

  

Tシャツからはみ出る極太の腕、

海に行くと一目置かれるような腕に憧れている男性も多いのではないでしょうか?

実は腕の太さは三頭筋の大きさに大きく左右されます。

そこで今回は三頭筋のトレーニング3選をご紹介いたします!

 

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください。

https://chronicle-japan.jp

三頭筋とは?

まず、三頭筋の特徴、起始停止、作用について解説いたします。
三頭筋は長頭、外側頭、内側頭の3つを合わせた筋肉です。
羽状筋という筋肉の性質を持ち、
大きな力を発揮するのが得意な筋肉となります。
トレーニング種目にもよりますが、
低回数高重量を基本ベースにして
トレーニングすることをお勧めいたします。

起始 長頭  肩甲骨の関節下結節
   外側頭 上腕骨外側面近位
   内側頭 上腕骨内側面遠位

停止 尺骨肘頭

作用 長頭 肩関節の伸展、肘関節の伸展
   外側頭、内側頭 肘関節の伸展

このような筋肉となっております。
お待たせ致しました!
それでは、具体的なトレーニング方法を紹介致します!

キックバック

フォーム
1.肘の位置を変えずに腕を曲げ伸ばしをし、伸ばしきったら肘が直角になる位置へダンベルをゆっくり下ろす
2.腕を伸ばしきったときに、上腕三頭筋に効いているかを意識する
呼吸方法
・息を吐きながら腕を伸ばし、肘を曲げるときに息を吸う

この種目の最大の特徴は収縮に特化した点です。
肘を伸ばした位置で重力と垂直になり、最も負荷が高くなります。

ナローベンチプレス

フォーム
1ベンチ台に仰向けに寝転がる
2肩幅よりも少し狭いくらいの手幅でバーベルを持つ
3肘が外に広がらないようにして、バーベルを下げる
4胸の位置まで下げたら、地面と垂直にバーベルを上げる

ナローベンチプレスのコツ
肘が外に広がらないように意識して、真っ直ぐ肘を下ろす
可動域をいっぱいに使う

通常のバーベルでも行えますが、
スミスマシンを使用することで、
より的確に三頭筋に刺激を与えられます。

ダイヤモンドプッシュアップ

フォーム
1両手の人差し指と親指同士をくっつけて、四角形をつくる
2地面に両手をつき、頭からかかとまで、一直線の状態をキープする
3胸を床から「拳1つ分」まで下ろし、元の状態に戻る

ダイヤモンドプッシュアップのコツ
体を一直線に保つ
頭が下がらないようにする
お腹の力が抜けないようにする

ダイヤモンドプッシュアップの特徴は
何といっても場所を選ばないことです。
器具なしで大きな負荷をあたえることができます。

まとめ

以上、三頭筋のトレーニング3選について
解説いたしました。

自身の体力や筋力に合わせながら三頭筋を鍛えて、
極太の腕を手に入れましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!
次回もおたのしみに!

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください。

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。