BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
目に悪い?ブルーライトのお話!

目に悪い?ブルーライトのお話!

こんにちは!

”福岡初”の完全個室通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan(クロニクルジャパン)天神店トレーナーの大野です!

今回はブルーライトについてお話していきます。

現代の日常生活でブルーライトを見ない日はないぐらい身近にあふれています。

今日はブルーライトとどのように付き合うかそんなお話です。

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください↓

https://chronicle-japan.jp

はじめに!

ブルーライトと聞くと皆さんはどんなイメージがありますか?

やはり多いのは目に悪いというイメージだと思います!

ブルーライトを発するものとしては、スマートフォンやパソコン、

携帯ゲーム機など現代で見ない日はないものから発生しています。

このブルーライトは機械的なものと思われがちですが、空の青さもブルーライトが作っているんです。

空の青さは光の波長が短い青の光が空気中の分子にぶつかって散乱することによりよって起こります。

ブルーライトはカットするべきなのか?

人はブルーライトを目から感じます。でも今日ブルーライトたくさん感じた~という人は少ないと思います。

目には2つの機能があり、1つはものをみるカメラの役割、2つ目は体内時計の役割です。

カメラとして目はすべての色の光を見ることができますが、体内時計としての目はブルーライトしか見ることができません。

よってブルーライトを見ることによって体内時計を調整していることになります。

ブルーライトを見れば「昼」と認識するため見なければ「夜」と判断します。

電球にはブルーライトは含まれておらず、LEDには含まれるためLEDが

開発される前は昼夜が変化することはなかったそうです。

この昼夜の変化(サーガディアンリズムの乱れは)多くの病気のリスクになります。

よって夜はブルーライトかっとは必須になります。

ブルーライトとの付き合い方

光の強さは光源と目の距離の2乗に比例するためスマートフォンの光はとても強いです。

寝る前にスマートフォンをみることによりメラトニン分泌の抑制がされることが知られています。

なので寝る前にブルーライトを発する携帯などは使用しないことをお勧めします。

逆に40代ではブルーライトが不足しますので、昼間にたっぷり浴びることが重要です。

昼間はブルーライトを浴びて、夜の寝る前はLEDの光を見ないようにするのがよさそうです。

最後に

ブルーライトの良し悪しが分かりましたか?

基本的にデメリットの方が多いですが、極端なカットは生活習慣に影響が出てきます。

朝や昼にしっかりと太陽光を浴び、夜は寝る前はLEDの光を見ないようするというのがお勧めです。

部屋の電球もLEDではないものやLEDカットのものを使用する良いですね!

時代の変化により人体に悪影響のものは多くなってきています。

うまく付き合い生活の質を上げていきましょう!

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。