BLOG ブログ

ENTRY

お申し込みはこちら

ファスティングの真実。。。

ファスティングの真実。。。

皆様こんにちは!

CHRONICLE–japan 天神店です。
夏に近づき、少しでも痩せたいと断食を考えているあなた!

これを読んでまずはファスティングについてまず知ってみましょう。

ファスティングとは?

「ダイエット」「腸を綺麗にする」といった名目で

ファスティングや断食が最近流行していますね。

酵素ドリンクを飲んでエネルギーを補い、デットクスを促進し、断食をより効率的にするようですが、

まず、酵素ってなに?ってところもわからずにそれがやり方だと思って試す人が多いと思います。

ファスティングいわゆる断食は、「FAST」を現在分詞形にされたもので
より素早い効果がありますよと謳われた方法です。

水分や酵素ドリンク以外の食事は一切取らずに、何日間か断食するようです。


科学的、生物学的観点で言えば「ダイエット」とファスティングは無縁です。
ただ、「健康」とファスティングは良好な関係にあります。


その、詳細を次の項目で説明しましょう。


ファスティングで何が起こる?

ファスティングでよく聞くのが
「宿便が出る」
「体重を落とせる」

といったところです。

確かに。断食をすると黒い便が出てきたあと、下痢が続いて、体調的にきつくなってきますが
さらに時間が経つと楽になってきて健康になった感じがするようです。


黒い便が宿便と言いますが
まず、腸の手術の専門家から言わせると宿便など存在しない
と話しています。

じゃあ、その宿便は何なのかというと
「腸内細菌の死骸」
です。

腸が栄養不足により、エネルギーが枯渇し腸内細菌が死んでしまいます。
さらに、断食により腸のエネルギーが枯渇すると腸で水分を吸収する機能も
落ちてしまうので下痢をしてしまいます。


徐々に体調がよくなってくるのは
体脂肪をケトン体に変化させそれがエネルギーとなるので
改善されたように感じます。


とファスティングではこのようなことがおきます。

ダイエットとしてこの方法を利用したら
元の生活に戻ったときに必ずリバウンドするので
正しいダイエットをしていきましょう。


しかし、ファスティングにはいい例もあるので次の項目で書きます。

ファスティングするなら!

前述したとおり、腸のエネルギーは酪酸や酢酸などの短鎖脂肪酸を作り出しATPの材料にもなるので

ファスティングによる腸のエネルギー不足はよろしくありません。


しかし、飽食の時代である現代人の胃や腸は疲労傾向にあると考えます。

そのため、そこを休めるために短期でファスティングしたり、15時以降食べないといった時間指ファスティングなら

十分休めることはできます。

しかし、栄養が足りない分筋肉量を同時に多く落としてしまう可能性を考えると

基礎代謝が落ち、リバウンドしてそのあと体型を戻すのにもっと苦労すると思います。



また、断食療法とあるように治療に使われたりしますが

どうせ反動でリバウンドしてしまう恐れがあるなら初めから中長期で

しっかりダイエットしたほうが健康的です。


このように、明確かつ正確な目的で、正しい手段を用いることは重要です。


身体を変えるためには、目的と手段を明確にして取り組んでいきましょう!

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
当ジムにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。