BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む

必見!!5大栄養素について!(3)

こんにちは!

完全通い放題パーソナルジムCHRONICLE-japan天神店です☺︎

皆様、効率よく美しい身体になりたいと思いませんか?

今回は5大栄養素 【脂質】についてのお話を掲載いたします!

栄養をバランスよく摂取し、目的に合わせた食生活を実施していきましょう!

少しでも皆様の為になりますように!!

脂質とは?

脂質は3大栄養素【炭水化物、タンパク質、脂質】の1つです。
1グラムあたり9kcalと3大栄養素の中でも最も高いエネルギーを得ることができます!
脂質は重要なエネルギー源だけでなく、ホルモンや細胞膜、
核膜(細胞の核の表面を作る核)を構成したり、
皮下脂肪として臓器を保護したり、体を寒冷から守ったりする働きもあります。
また脂溶性ビタミン(A 、D、K、E)の吸収を促すなど、重要な役割を担っています。

脂質は私達の体にとって欠かせない栄養素ですが、
脂質は摂り過ぎると肥満などの原因になるため注意が必要です!

脂質の種類!

脂質には、常温で固まるもの固まらないものがあり、固まるものは肉に、
固まらないものは魚や植物に多く含まれます。
どちらも体には必要であり、一方に偏らないようバランスを摂って食べる事が大切です。

【常温で固まるもの】
(飽和脂肪酸)バター、牛脂、ラードなど動物性油脂。

【常温で固まらないもの】
(不飽和脂肪酸)オリーブオイル、シソ油、魚油
不飽和脂肪酸の中には、体内で作ることができず、
食品から摂取することが必須となります。
DHA、EPAも食品から摂取すべき必須脂肪酸です!

脂質の吸収と働き!

脂質のうち、食品中の脂質が主成分であり、エネルギーとして利用されるのは、
主に中性脂肪(トリアシルグリセロール)です。
水に溶けない中性脂肪は、小腸から吸収された後、
水に溶けるタンパク質と結合して体の各部に運ばれます。
脂質は、1グラム当たり9kcalのエネルギーを産生しており、
重要なエネルギー源となっています。

そのほかにも冒頭に書いた通り、ホルモンや細胞膜、核膜を構成したり、
皮下脂肪として臓器の保護をしたり、
体を寒冷から守ったりする働きもあります。
また小腸での吸収の際、脂溶性ビタミンの吸収を助ける働きもあります。

植物油や魚油に多く含まれる不飽和脂肪酸には、血液中の中性脂肪やコレステロールを
低下させる働きもありますが、動物性脂肪に多い飽和脂肪酸は、血液中の中性脂肪や
コレステロールを増加させるので、摂りすぎないように注意しましょう。

脂質が不足すると...

生活習慣病が社会問題となっており、肥満の原因となる脂質は、敬遠されがちですが、
食事の量が少なくなりがちな高齢者の場合は、脂質の摂取量が不足すると、
エネルギーが不足して疲れやすくなったり、体の抵抗力が低下したりする可能性があります。

また、脂質とともに吸収される脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)が吸収されにくくなり、
ビタミン欠乏になるリスクもあります。
反対に、肥満傾向の人は、動脈硬化、脂質異常症(高脂血症)などの
生活習慣病の原因になるため摂りすぎないように注意しましょう。

最後に!

脂質は体に必要不可欠なものです!
摂取する種類、量、タイミングが合えば体に良い効果をもたらしてくれる可能性があります。
ただ過剰に摂取してしまうと1グラム9kcalですのでもちろん太る原因にもなります😭
適度に摂取し自身のボディメイクに活かしていきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
当ジムにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。