BLOG ブログ

ENTRY

お申し込みはこちら

呼吸について①

呼吸について①

こんにちは!
完全通い放題パーソナルジムCHRONICLE-japan天神店トレーナーのダンです

皆さんは1日に何回呼吸するか知っていますか?✨
今回は毎日私達が何気なくしている呼吸の重要性についてお伝えしていきたいと思います!

呼吸とは?

呼吸は酵素を体内に取り込み不要になった二酸化炭素を排出するシンプルな動作です。
人間は、1日おおよそ29,000回もの呼吸をすると言われ、呼吸が上手く行えないと
酵素を上手く取り込め無くなっていき身体機能に影響を及ぼしていきます。

呼吸の種類

呼吸の種類は大きく分けて腹式呼吸と胸式呼吸にわけられます。
胸式呼吸〜息を吸った時に胸が膨らみ、息を吐くと胸が凹む呼吸
腹式呼吸〜息を吸った時にお腹が膨らみ、息を吐くとお腹が凹み、胸があまり動かない呼吸

腹式呼吸と胸式呼吸の違い

2つの呼吸の違いは呼吸を行う時の筋肉と呼吸の深さです。
胸式呼吸は、肺や肋骨周りの筋肉を使い、呼吸が浅く素早く吸えるのが特徴です
腹式呼吸は、お腹のインナーの筋肉を使い、呼吸が深く体をリラックスさせるような効果があることが特徴です

呼吸と自律神経

自律神経とは、体の働きを調整する神経の事で交感神経と副交感神経の二つから成り立っています。
呼吸はこの神経のコントロールに深い関わりを持ち、呼吸が乱れることによって自律神経に影響を及ぼします。
胸式呼吸〜胸式呼吸は呼吸が浅く、何度も肋骨周りの筋肉を使う事により筋肉が緊張し交感神経が優位になる傾向にあります。
腹式呼吸〜腹式呼吸は呼吸が深く、体をリラックスさせる効果があるので副交感神経が優位になる傾向があります。

腹式呼吸をするメリット

腹式呼吸をする事によって体をリラックスさせる効果、自律神経を整える効果があるのはもちろん、
お腹のインナーマッスル(横隔膜、多裂筋、骨盤底筋群、腹横筋)を鍛えることができ、姿勢の改善、腰痛予防などが期待できる。

まとめ

今回は呼吸の重要性についてお伝えしていきました。いつも私達が何気なく行っている呼吸ですが、
いつも行っている当たり前の動作だからこそ、正しい自分にあった呼吸を行っていくことが重要です。
次回はスポーツへの応用や腹式呼吸のやり方を紹介します。

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
当ジムにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。