BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
呼吸について②

呼吸について②

こんにちは!

完全通い放題パーソナルジムCHRONICLE-japan天神店トレーナーのダンです!

 

今回は、呼吸が運動やスポーツ、トレーニングにもたらす重要性についてと

その中でも腹圧についてご紹介して行きたいと思います!

一度は、ダイエットやトレーニングなどで耳にしたことがある腹圧、

実際には何なのかを今回は紹介して行きたいと思います!

腹圧とは?

腹圧とは腹腔内圧の略で腹部にかかる圧力のことを言います。
腹部には内臓を収納する腹腔があり、
横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群と言った様々な筋肉で囲まれており、
この筋の一つ横隔膜が下がる事によって
腹部全体の筋肉が同時に緊張し収縮され腹圧が高まります。

腹圧と呼吸の関係性

腹圧をコントロールするには、
横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群を使えるようにしないといけません。
腹式呼吸をする事によって
横隔膜の活動が大きくなり腹圧をコントロールできるようになります。

腹圧が高い状態と低い状態

腹圧が高い状態〜横隔膜が下がる事によって、
多裂筋、骨盤底筋群、腹横筋が収縮しお腹がパンパンに張っている状態、
普段の生活でいきむ時のイメージ
腹圧が低い状態〜横隔膜が緩んで、
腹腔が緩んでいる状態で普段の生活で言うのならば、
寝る前のようなイメージ

腹圧の重要性

腹圧を高めることで姿勢の安定、
それにより筋発揮の効率が上がり効率よくエネルギーを使えるようになります。
また、姿勢が安定する事により脊柱が安定し、動作の安定が見込めるそのほかに、
腹部の引き締めや、腰痛の予防軽減なども期待できます。

まとめ

今回は腹圧の重要性について紹介していきました!
スポーツにおいて、腹圧が高まることで脊柱が安定しスムーズな動きや力の伝達、
運動の正確性がますので、呼吸のマスターをして腹圧をコントロールできるようになりましょう!
呼吸が運動のパフォーマンスを上げる近道になると思います!
次回は腹圧を高めるエクササイズについて紹介していきたいと思います!

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
当ジムにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。