BLOG ブログ

初めての体験予約

30秒 簡単予約!

筋の収縮が動きと力を生み出す!

筋の収縮が動きと力を生み出す!

こんにちは!

完全通い放題パーソナルジム姪浜店の与那誉です🌹😎

 

筋収縮の種類(仕方)は

筋の長さを変化させながら力を発揮する等張性収縮

筋の長さを変化させずに力を発揮する等尺性収縮に分けることが出来ます。

 

今回はその等張性収縮と等尺性収縮についてお話していきたいと思います!

筋の収縮は生理学では「筋の収縮」は「筋が力を発揮する事」を指しています。

また、必ずしも筋の長さが縮まる事だけを指しているわけではありません!

等張性収縮(アイソトニックコントラクション)

まず等張性とは、筋が同じ力(張力)を発揮し続けるという意味があります。
(※別名アイソトニックコントラクションとも言う)
等張性収縮は先ほども説明した通り
筋の長さを変化させながら力を発揮していくのですが
この等張性収縮にも種類があります。
等張性収縮は求心性(短縮)収縮・遠心性(伸張)収縮の2種類に分類されます。
等張性収縮では動きを伴うのでこれを動的収縮とも言います✌

求心性(短縮)収縮(コンセントリックコントラクション)
筋が短くなりながら筋を収縮する事を指します!!
例;ダンベルアームカールの際は上腕二頭筋は求心性(短縮)収縮を
行っている。
遠心性(伸張)収縮(エキセントリックコントラクション)
筋が長く引き伸ばされながら収縮する事を指します。

例;ダンベルアームカールの際ダンベルを降ろしていく時に
上腕二頭筋は遠心性(伸張)収縮を行っている。
遠心性収縮を行ってダンベルが急に落ちないように制御している。

等尺性収縮(アイソメトリックコントラクション)

等尺性収縮(アイソメトリックコントラクション)
は、筋の長さを変化させずに力を発揮することを指します。
外見からは筋が収縮を起こしていることは分かりません。
分かりやすく説明するとボディビルのポージングが等尺性収縮になります😂

そして、等尺性収縮を利用してトレーニングを行うと
短時間で筋を追い込む事も可能になります👌
高血圧の方は、いきむと血圧が上がるので高血圧の方は避けましょう。

終わりに

今回は筋収縮の種類(仕方)についてお話しました。
トレーニングのメニューを選択する際にぜひ活用してみてください👍
最後までお読みいただきありがとうございました。

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
当ジムにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。