BLOG ブログ

初めての体験予約

30秒 簡単予約!

肝臓は身体の肝!

肝臓は身体の肝!

こんにちは!

完全通い放題パーソナルジムCHRONICLE-japan 姪浜店

トレーナーの栫井(かこい)です☺︎🌹

 

肝臓は人間の身体の中でも非常に重要な役割を担っている内臓の1つです。

今回はそんな内臓の役割と代謝の関係性について解説してきます!

🌟代謝と肝臓

私達の身体には口から食べ物を取り込み消化して
代謝するという作用があります。
これがいわゆる、「消化―吸収―代謝」のサイクルです。

三大栄養素(糖質・タンパク質・脂質)これらが口から入り
代謝されることによって、ATPが産生されます。
ATP(アデノシン三リン酸)はエネルギーの供給であり
これが加水分解され、ADP(アデノシン二リン酸)になる時
エネルギー(カロリー)として発生します。

🌟糖代謝について

糖は、消化管で分解・吸収され小腸で吸収されます。

そして、消化酵素であるアミラーゼによって単糖類
(グルコース・フルクトス・ガラクトス)まで分解されます。

そこから門脈を通って肝臓まで送られますが、
そこで全身を回ってグルコースが全身へ送られ、
余った必要のない分は肝臓の中でグリコーゲンという形で貯蔵されます。

🌹低血糖(血糖値は血液中のグルコース濃度)が下がった場合
グリコーゲンがグルコースに変化し、
肝臓から血液中に放出され血糖値をあげようとします。
また、筋肉にもエネルギーとして糖が蓄えられており、
筋肉の収縮にのみ使用されます。
これが筋肉と肝臓の作用の違いの一つとなります。

そして、さらに低血糖の場合は蓄えられているグリコーゲン
が約半日で使い切られてしまうと言われています。
なので体内の他の物質から、
エネルギーを作ってくる必要があるのです。

🌟解糖系とは

活動に必要なエネルギーは
栄養素(糖質・脂質・タンパク質)を代謝し、
熱やATPに変換することによって得られるが、
一般にエネルギーの酸性には酸素が必要です。

しかし、糖質の代謝では酸素がなくてもエネルギー(ATP)を
少量産生する過程があります。
この過程の事を解糖系と言います。

🌟糖新生とは

乳酸・ピルビン酸からグルコースを合成する反応のことを指します。
また、アミノ酸やグリセロールから
グルコースを合成する反応も糖新生と言います。

🌟まとめ

「肝心・肝に銘じる」というように
普段から肝臓の『肝』という文字は
生活の中でよく使われており、
それだけ体にとっても重要であることがわかりますね。

肝臓と糖代謝の仕組みについて
ご理解いただけたでしょうか?😊🌟

次回は【肝臓とタンパク質代謝の仕組み】
についてです!是非ご覧ください。

最後までお読み頂きありがとうございました🌹

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
当ジムにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。