BLOG ブログ

初めての体験予約

30秒 簡単予約!

体に良い油とは?

体に良い油とは?

こんにちは!

完全通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan天神店トレーナーのs a k i eです🌹

今回は体に良い油と種類や働きについてご紹介致します☺︎✨

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

【体に良い油の成分は不飽和脂肪酸】
近年、体に良いオリーブ油や亜麻仁油などの効能に注目が集まっており
これらの成分は植物や魚などに含まれています。
一方、肉の脂身やバターには飽和脂肪酸が含まれています。
(不飽和脂肪酸)
→種類のよって血中コレステロール、中性脂肪の減少等の働き
(飽和脂肪酸)
→血中コレステロールや中性脂肪を増加させ動脈硬化を進行させる

【体に良い油だけでは無くバランス良く摂りましょう】
飽和脂肪酸には、
一価不飽和脂肪酸のn–9系(オリーブ油、紅花油、なたね油等)と、
多価不飽和脂肪酸の
n–6系(大豆油、コーン油、ごま油、ひまわり油等)と
n–3系(えごま油、亜麻仁油、魚油“DHA、EPA”等)があります。
n–6系の摂りすぎはH D L(善玉)コレステロールを下げるなどの弊害もあり、
n–3系を多く含む青背魚のカロリーは、
低脂肪の魚の2〜3倍のカロリーがあります。

逆に飽和脂肪酸はエネルギー源であり、
控えると本来その食品から摂れる
他の栄養素が不足してしまう事もあるので
色々な油をバランスよく摂る事が大切と言うことです😌

摂取量のバランス目安

飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=3 :4:3
n–6系:n–3系=4:1

体に悪いの?トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種で、
よく知られているのは不飽和脂肪酸を液体から
固体に変える時に生成されるもので、
これはマーガリンやショートニングなどに含まれています。
トランス脂肪酸はL D L(悪玉)コレステロール値を上昇させ
H D L(善玉)コレステロール値を低下させる等、
虚血性疾患の危険性を高める働きがあります。
摂り過ぎには注意しましょう!😢

まとめ

油に注目が集まっており、
体にとって大切な成分の一つです。
まずは油の種類を知り、
体にはどのような働きがあるのかを理解しましょう😊
最後までお読み頂きありがとうございました✨

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
当ジムにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。