BLOG ブログ

初めての体験予約

30秒 簡単予約!

HMBの秘密!

HMBの秘密!

こんにちは!

完全通い放題パーソナルジムCHRONICLE-japan天神店トレーナーのダンです!

 

今回はHMBについて紹介していきたいと思います!

飲むだけで痩せるやプロテインの50倍の効果があるなど

言われていますがどうなのでしょうか?

この記事を読んで理解を深めてみてください!

HMBとは?

HMBとは【ベータヒドロキシンベータメチル酪酸】という成分の名称です。
人間の筋肉を構成するのはタンパク質で
そのタンパク質を分解するとアミノ酸になります。

このアミノ酸は人体で合成できるアミノ酸と、
人体では合成できない必須アミノ酸に分けることができます。

必須アミノ酸のうち、
ロイシンというアミノ酸が体内で変換されたものがHMBです。
また体内に取り込まれたロイシンのうち
HMBに変換されるのはおおよそ5%程度と言われています。

HMBの種類について

HMBの中でも種類が2つあり
【HMBカルシウム】と【HMB遊離酸】があります。

HMBカルシウム〜ほとんどのHMBサプリが、
カルシウムと結合した【HMBカルシウム】を使用しています。
そしてHMBに関する研究のほとんどが、
【HMBカルシウム】で行われており、現在の主流となっています。
摂取後1〜2時間かけて、血中濃度がピークに達します。

HMB遊離酸〜吸収の早い【HMB遊離酸】です。
HMB- FAは摂取後わずか30分ほどでピークに達します。

HMBの働きとは?

・筋タンパク質合成のコントロール
筋肉にはmTORと呼ばれるシグナル伝達経路に働きかける事によって合成されます。
筋トレをすると、速筋はグリコーゲンという貯蓄型の糖を
燃焼させてエネルギー源と、その時に発生する乳酸が蓄積すると、
筋肉を傷つけ疲労を感じるようになります。
すると、mTORが破損した筋肉を修復しようと反応し、
筋タンパク質の合成が促進されます。

・筋タンパク質分解の抑制
哺乳類の身体には、【ユビキチン・プロテアソームシステム】と呼ばれる、
古く不なタンパク質は分解・排出させる回路が存在します。

このシステムによって発達した筋肉は必要性が低いと判断され、
分解されて筋肉量が減ってしまいます。
HMBには、このユビキチン・プロテアソームシステムをブロックして、
筋肉が失われるのを防ぐ作用があります。

まとめ

今回はHMBについて紹介していきました!
HMBに関してはまだ研究や詳細があまり解明していない所もあるのですが、
筋肉をつけていくにしても、体脂肪を落とすにしても、
HMBにはものすごく期待できるので摂取していく事で効果を得られると思います!

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
当ジムにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。