BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
知っておくべき筋肉の役割!

知っておくべき筋肉の役割!

こんにちわ!完全通い放題パーソナルジムCHRONICLE-japan天神店トレーナーの田中です!

皆さんは普段、何気なく筋肉を使って生活していますが、本来の筋肉の役割をご存知でしょうか。

今回は意外に聞かれたら答えられない筋肉の役割について説明していきます。

 

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください。

https://chronicle-japan.jp

筋肉についての基礎知識

人間の体には大小600を超える筋肉が存在し、生命活動を維持する上でも重要な役割を果たしています。その働きは、身体を動かすというだけでなく、身体を守る、基礎代謝を上げる、血液やリンパの循環を促すなど、様々な働きをしています。筋肉の減少はそのまま体調不良へと繋がる恐れがあります。また、心臓や内臓の働きにも関与するとても重要な器官です。筋力が衰えないように維持し、必要に応じて鍛えることは、健康的で人間らしい日常生活を送る上で非常に重要なことです。

筋肉の種類

筋肉はその構造や働きの違いによって、骨格筋、心筋、平滑筋の3種類に分けられます。
●骨格筋
骨格筋とは意識的に動かせることが特徴で、運動をして増やせろことができ、筋全体の40%を占めています。関節をまたいで、2つの骨が伸び縮みすることで、身体を動かすことができます。
●心筋
心臓を動かしている筋肉のことです。
●平滑筋
消化管や血管を動かし、消化や血流の助けをしている筋肉のことです。

筋肉の役割

①身体を動かす、安定させる
筋肉の中でも骨格筋は、骨と骨をつなぐようについており、歩く、走る、座るなどの一環の動作も筋肉が伸び縮みすることで成り立っています。また骨格筋が関節を安定させることで姿勢を保ち、正常な動きをすることができます。人間は常に重力の影響を受けており、身体を支えるだけでも多くの筋肉を必要とし、力を出し続けています。
②衝撃の吸収、血管・臓器の保護
外部の衝撃から身体を守るのも筋肉の役割です。筋肉は内臓や骨などを衝撃から守ってくれています。また、筋肉で覆うことによって、血管や臓器も守っています。
③ポンプ作用
心臓から押し出された血液は、身体の隅々まで巡って静脈を通り再び心臓に戻っていきます。心臓から離れた場所になるほど、送り出された血液の勢いは弱まります。その時、筋肉が伸びたり縮んだりすることで静脈に圧がかかり、血液の循環が促進されるのです。この作用は筋ポンプ作用とよばれ、人にとってとても重要なものです。なかでも、心臓からもっとも遠い足に巡ってきた血液を心臓に押し戻す時に重要な役割を果たすのがふくらはぎの筋肉であり、その働きから第二の心臓とも呼ばれています。
④熱産生、代謝向上
人間には常に体温を36~37度で保たれるようになっています。この身体の熱産生の約6割を筋肉が占めています。熱を発生させることで、寒い環境化でも一定の体温を保つことができるのです。それだけ生命維持という点においても大切な熱を発生させるため、筋肉は常にエネルギーを消費しています。そして、その主なエネルギー源は糖質と脂質です。筋肉が多いと、この熱の発生量(基礎代謝)も増えるため、代謝が上がりメタボリックシンドロームなどの生活習慣病の予防にもつながります。
⑤免疫力向上
筋肉は人間の免疫力にも関係があります。リンパ球を始めとする免疫細胞は、グルタミンというアミノ酸によって活性化されます。このグルタミンは、筋肉内に多く蓄えられている
ことから、筋肉が減ってしまうと免疫機能が低下してしまうと言われています。
⑥ホルモンの産生
骨格筋が産生するホルモンの主な役割には、筋肉や骨の形成や再生、抗炎症作用、糖質や脂質の代謝への関与、心筋細胞や血管内皮細胞の保護などがあるといわれています。
⑦水分の貯蔵
人間の体の中で、最も大量の水分を保持しているのは、実は筋肉です。脂肪量が多い女性に比べると、筋肉量が多い男性のほうが体内水分量は多く、健康な成人で体重の60%前後(男性60%、女性55%)となっており、なかでも体重60キロの成人男性は、約15~20キロもの水分が筋肉に蓄えられています。筋肉が少ない人は水を飲んでも体に貯めておくことが難しく、脱水症状を起こしやすくなるのです。また、筋肉量が大きく減りやすい年配者の場合、身体の中の水分が5~10キロも減ってしまっている場合もあり、毎年、年配者に熱中症を発症する方が多い理由の一つになっています。

まとめ

いかがでしたか?今回は筋肉の役割について解説していきました。とても役割が多く、身体にとって筋肉は必要なものだと認識できたかと思います。
生活の中で、必要最低限の筋力を維持することと定期的に運動を行っていけるようにしましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
当ジムにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。