BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
侮れない腸内細菌

侮れない腸内細菌

こんにちは!

”福岡初”の完全個室通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan(クロニクルジャパン)黒崎店トレーナーの佐藤です!

腸は第二の脳とも呼ばれ非常に重要な臓器です。

そんな腸には腸内細菌がおり、これらは免疫機能や消化機能など多くの日常生活に影響します。

今回はそんな腸内細菌についてお話していきます!

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください↓

https://chronicle-japan.jp

はじめに

腸には免疫細胞の7割が集まると言われています。
そこからもわかるように身体に対する影響はかなり高く、腸内環境の乱れが体調不良の原因や肌トラブル、
排便のエラーなど様々な不調の要因になってしまいます。
赤ちゃんが産道で口から体内に細菌を入れその後繁殖が始まり、3歳までに腸内細菌の数はほぼ決定すると言われています。

腸内環境をよくすると → ・免疫力を高めてくれる
            ・肥満になりにくい体質に変化していく

食べ物で腸内メンテナンス

体内には100兆個の腸内細菌があると言われており、ほぼ3日で入れ替わると言われています。
・善玉菌を増やす食事が必須(腸内細菌のエサ) → 炭水化物、オリゴ糖、発酵食品
・日和見菌、善玉菌、悪玉菌のバランスを一定に保つ → 7:2:1のバランスを保つことが大事です。
※日和見菌は割合が優位な方へ変化すると言われています。
・悪玉菌の増加を最小限にする → 悪玉菌により、ガンや腐敗、ガス発生、毒素発生と様々な悪影響が出ます。
※酸化した油や揚げ物、肉に含まれる油の多量の摂取などが悪玉菌増加のきっかけになってきます。

便秘の注意点

食物繊維は2種類あります。
・水溶性食物繊維 → ひじき、わかめ、らっきょうなど
           便に水分を含ませて柔らかくします
・不溶性食物繊維 → 玄米、シリアル、ニンジン、キノコ、さつまいもなど
           腸を刺激して便のカサを増やす
※子供の便秘は「直腸性便秘」が多く、便が固くなっているため、水溶性食物繊維で柔らかくする。

最後に

食事の内容に気を付けるだけでも現在よりさらに良い体のコンディションを目指すことが可能です。
読んでいただいた方のお役に少しでも立てれば幸いです。
最後までお付き合いして頂きありがとうございました!

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。