BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
奥が深い!BIG3の世界!

奥が深い!BIG3の世界!

こんにちは!

”福岡初”の完全個室通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan(クロニクルジャパン)天神店トレーナーの田中です!

今回はBIG3について解説します!経験や実験の話をもとに解説しているので面白い内容になっています!

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください↓

https://chronicle-japan.jp

BIG3の効果とは?

BIG3は筋肥大において土台となるトレーニングです。マシンを中心にトレーニングされている方であっても、BIG3ができると、マシンの効かせ方も変わってきます。身体の使い方が上手くなるからです。BIG3はダイナミックの動きの中でたくさん筋肉を動員しながらも、バランスを微調整していくような繊細な種目でもあります。例えば、スクワットの重りを担いでしゃがんで立つ動きには基本が集約されているといっても大げさではないと考えます。このような動作が上手くできないと、身体が機能的に動かないので、筋肉に効かせることは難しいのではないでしょうか。このような理由から関節に問題がなければ、やるべきでしょう。

重量にこだわるべき?

難しいところですが、ある程度こだわるというのが私の答えです。重量にこだわりすぎると、ケガもします。他には、重量をあげることばかり考えていると、いかに可動域を減らすかということに焦点が移ります。現に私はそんな時期がありました。そうなると目的が違ってきますよね。そこのはざまです。身体作りを目指すのであれば、自身の基準となる可動域を決め、その中で伸ばせるところまで伸ばす。まずは、そこが大事だと思います。重量は追い求めるべきですが、そこは無限ではありません。年齢を重ねると、関節の負担も大きくなります。あくまで筋力は筋肥大の要素の一つです。20代~30代前半は筋力を伸ばすことにBIG3を活用し、30代後半あたりから重量はこだわりすぎることなく継続して行うのがいいと思います。トレーニングの最初に行う場合は、全身のうウォーミングアップやその日のコンディションの確認、最後に行う場合は筋力の維持という意味で行うのもアリでしょう。単純に重量が伸びるのは純粋にモチベーションアップにつながります。

BIG3は誰にでも必須?

ある程度やり込んだ上でルーティンから外すのはいいと思いますが、行っていただいた方が良い種目です。繰り返しになりますが、全身の使い方、連動のさせ方、バランスなど、基本的な身体の使い方を習得できるからです。初心者の方でしたら、まずはマシンでトレーニングできるようになってからBIG3に取り組んでください。中級車以上でしたら目的に合わせて取り組むといいでしょう。筋力メインで考えている場合は第1種目として、筋力維持と考えている場合は最終種目として行うことをおすすめします。その中で、基本的なフォームができていて、目的によって可動域をハーフやクウォーターに変えていくのはいいと思います。例えば、デットリフトの場合、フルレンジだとハムストリングスや臀部、脊柱起立筋が大きく関与します。そういった効かせたい筋肉の、使い分けができていればいいと思います。スクワットがキングオブエクササイズと呼ばれているのご存知だと思います。下半身をメインとした全身種目で心肺機能強化、そのキツさゆえに精神面の強化ができると言われ、トレーニングの全ての要素が網羅されているためです。BIG3がうまくできるということは、身体がうまく協調しあっているわけですから、ケガの防止にも繋がります。生涯トレーニングを続けていくためにも、アスリートから一般の方までBIG3は行うべきだと考えます。動きの補強、ボディメイク、全てに共通する全身運動がBIG3です。

まとめ

BIG3は筋トレ上級者がおこなっているトレーニングに思えますが、初心者の方でも練習をおこなって身体の使い方を練習するようにするといいかもですね。最後まで読んでいただきありがとうございました。

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。