BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
正しく学ぼう!筋トレの基礎!パート2

正しく学ぼう!筋トレの基礎!パート2

こんにちは!

”福岡初”の完全個室通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan(クロニクルジャパン)天神店トレーナーの田中です!

今回もトレーニングの基礎について解説します!理解を高めていきましょう!

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください↓

https://chronicle-japan.jp

1回当たり20~30分のトレーニングでも効果はでますか?

トレーニングの内容にもよると思います。トレーニングの質を考える場合、そこで問われるのは時間とか量とかではありません。20分とか30分とかのトレーニングでも、しっかりと筋肉を刺激できれば効果は出ます。ただし、これは増量したい時もそうなのですが、特に減量したいという場合、食事は重要な要素になってきます。さらに、食事にプラスして、日常生活でも良く歩くようにするなど、活動量を増やすことが必要になってくるかもしれません。

トレーニング時間が長すぎるのは良くない?

私たちの身体では常に合成する作用(アナボリック)と分解する作用(カタボリック)が起こっています。ハードなトレーニングを開始すると徐々に同化作用が高まり、約20分ほど経過したあたりから同化作用のピークになります。それはトレーニング開始後40分後から60分後ほどまで続くと言われています。そこから今度は異化作用に傾いていきます。60分を大幅に超えるトレーニングが無駄だというわけではありませんが、筋肉を発達させるという面では効率は悪いと考えられます。それに加えてトレーニング時間が90分を超えたあたりから、テストステロンのレベルが落ちてくると言われています。テストステロンとは筋肉の発達に大きく関わる男性ホルモンで、そのレベルが低下するとなると、90分を超える長いトレーニングはデメリットがあると考えられます。また、トレーニング時間が長くなると、集中力も低下してくるはずです。集中力の低下は、当然のことながらトレーニングの質の低下を招きます。

すべてのトレーニングはオールアウトしたがいい?

まずオールアウトですが、その定義は人によって異なり、曖昧な部分があります。私が考えるところのオールアウトは、1セットでどれだけ自分の力をだせるかというところです。つまり、1セットの中でどれだけトレーニングの質を高めていくか、1セットの中でどれだけ濃いトレーニングができるか、そこが重要になってきます。1セット内で力を出し切るようなトレーニングを継続することが、筋肉の発達にとっては大事だと考えます。

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。