BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
減量期こそタンパク質!?

減量期こそタンパク質!?

こんにちは!

”福岡初”の完全個室通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan(クロニクルジャパン)天神店トレーナーの大野です!

減量期は全体的な栄養の摂取を減らししたり、あまり食べたらいけないなど

そんなイメージをもって生活している方も多いと思います。

今回は減量期こそ栄養配分が大事というそんなお話です!

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください↓

https://chronicle-japan.jp

【はじめに】

減量期になると、とにかくカロリーを削るためにお米や肉などを避ける方多いと思います。

逆に肉や魚が必要と分かっていても一緒に脂質も摂取してしまうと思いためらう人も多いはずです。

減量期も筋肉を維持してほしいというわがままに答えてくれるのがプロテインパウダーです!

プロテインパウダーは1g=4㎉と1回でタンパク質25g摂取しても100㎉~130㎉程度です。

減量期であれば1日分の摂取カロリーを小分けにして、3~4時間おきに摂取するイメージです。

【プロテインパウダーの種類】

プロテインはご存知の通り、ホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテインなどがあります。

【ホエイプロテイン】ほかの2つに比べBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)が豊富に含まれており、

筋タンパクの異化作用(カタボリック)を抑制する働きがあります。

また吸収が早く、分子レベルで見たときにほかの2つに比べて分子が小さく消化吸収されやすいんです。

【カゼインプロテイン】ホエイプロテインよりは消化吸収は遅いです。

そのため血中アミノ酸濃度を高く保つことができ、他の2つに比べ異化作用を防いでくれます。

【ソイプロテイン】名前の通り大豆から作られており植物性タンパク質が豊富に含まれています。

大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンの構造と似ている為ホルモンバランスを整えてくれます。

他の2つに比べ脂質が少なく、脂肪がつくのを避けたい方や乳糖不耐症の方におすすめです!

【減量期のプロテイン摂取の注意点】

食事を抜かない:減量期にプロテインを活用するようになるとそれだけで栄誉素を摂れているような

気分になり本来の食事をおろそかにしてしまいます。プロテインはあくまで補助的な役割です。

食事誘導性熱代謝も基本的には液状のプロテインよりも固形物を食べた時の方が高くなります。

特に野菜、茸、海藻類などはいくら食べても大丈夫です。食事から積極的に野菜を摂るようにしましょう。

水をたくさん飲む:人体の約60~70%を構成する水分には、体の機能を正常に保ったり、老廃物を運んだりなど

ミネラル以外の栄養素は含まれませんが、代謝を促してくれます。

プロテインパウダーを摂取すると、たんぱく質が代謝される際に多くの老廃物を排出します。それにより、

腎臓に負担をかけることになります。腎臓の働きを助けるためにも水が必要になるわけです。

【最後に】

いかがだったでしょうか。

減量期に筋肉量を落とさず行うときには様々な注意点があります。

基本は食事をしっかり摂る、そこから足りない分をプロテインパウダーで摂取する。

あくまでも食事がメインですのでこの関係性が逆転しないようにしてください!

減量期は無理をせず楽しみながら、成功したときの自分を思い浮かべ頑張ってください!

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。