BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
ストレッチを使い分けよう!

ストレッチを使い分けよう!

完全通い放題パーソナルジムCHRONICLE-japan天神店トレーナーの田中です!

今回はストレッチの種類と様々な場面での使い分けついて紹介します!

〜ストレッチとは〜

スポーツ分野においてのストレッチとは、筋を伸ばすことを指します。
筋の柔軟性を高め関節の可動域を広げたり、障害予防にも繋がります。
また、負荷をかけることでトレーニングにもなります。
狙い方次第で効果も様々です😊

〜ストレッチの種類と使い分け〜

静的ストレッチ(スタティックストレッチ)
◉反動をつけずに一定時間姿勢を保持して行うストレッチです。
入浴後や起床後に行うことをおすすめします。
筋が緩みやすいのが特徴で、運動前はパフォーマンス低下につながるので
運動前は動的ストレッチをお勧めします。

動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)
◉反動をつけながら行うストレッチです。
ラジオ体操が一つの例です。運動前に行うことで血流が良くなり、
ウォーミングアップ時に使われることが多いです。

弾的ストレッチ(バリスティックストレッチ)
◉動的ストレッチよりも更に強い反動を使って行うストレッチです。
しかし、全力で筋を動かすのでケガのリスクも大きくなります。
行うときは注意して行ってください。
アスリートが試合前に行っていたりします。

〜まとめ〜

ストレッチをする時は、
種類を理解しタイミング別で使い分けて、効果を実感できるようにしましょう!
詳しく気になる方は、2022年2月26日の記事をご参照下さい!

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。