BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
ダイエット時のタンパク質摂取は固形or液体?

ダイエット時のタンパク質摂取は固形or液体?

こんにちは!

”福岡初”の完全個室通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan(クロニクルジャパン)天神店トレーナーの大野です!

ダイエット時はどんな食事をしたらいいかわからないなど、考えた事があるんじゃないんでしょうか。

今日は大事な栄養素であるタンパク質についてダイエット時の摂取は固形か液体か考えていきましょう!

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください↓

https://chronicle-japan.jp

1.固形と液体の違い

筋肥大やダイエットなど目的は違えどタンパク質は必ず補給する方がほとんどだと思います。

たんぱく質を肉や魚などの食材から摂るのか、プロテインパウダーで摂るのか。

摂取するときのメリット・デメリットを考えていきましょう!

まず固形と液体の大きな違いは吸収の速度です。

消化器官はそれぞれ運動しながた消化液の働きみよって、摂取した食べ物を

小さい分子に分解していきます。大部分の栄養素は小腸で吸収されます。

固形物は咀嚼回数が多くなります。咀嚼回数が多いと満腹感が得られます。

液体は咀嚼する必要がないので消化までに時間がかかりません。

2.固形物・液体のメリット、デメリット

〈液体のメリット〉

先ほど少しお話しましたが、固形物に比べて消化・吸収が早い為トレーニング前後や朝食におすすめです。

トレーニング後は血流が筋肉に傾いてるので固形物を摂るより液体の方が良いです。

〈固形物のメリット〉

こちらも冒頭で説明した通り咀嚼の数が圧倒的に多いです。

咀嚼することで食事誘発熱産生から唾液の分泌を促し、血中アミノ酸濃度の

勾配にも効果的というメリットがあります。

また唾液の分泌によって口の中を清潔に保つことができます。

また咀嚼によりレプチンというホルモンが分泌されるので満腹中枢が刺激され

空腹感を覚えることが減ることも固形物のメリットです。

〈液体デメリット〉

固形物に比べ腹持ちが良くはないので、空腹感がすぐきてしまいます。

またプロテインパウダーを飲み過ぎると肝臓に負担が来るため調節が必要です。

〈固形物デメリット〉

食が細い方は食べるのが大変になります。また消化にも時間がかかります。

調理が必要な時もあるので手間がかかります。

3.最後に

皆さんいかがでしたか。

ダイエット時のプロテイン摂取は固形物or液体かについて話していきました。

食事の時間がとれない方などはプロテインパウダーなどでタンパク質を摂取し

時間が取れる方は固形物のタンパク質を積極的に摂ってほしいと思います。

腹持ちや咀嚼の観点でいうとプラス要素が多いのでおススメです!

効率よくタンパク質を摂取するように固形物と液体を使い分けてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。