BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
ビタミンDレベルに影響を与える事!

ビタミンDレベルに影響を与える事!

こんにちは!

”福岡初”の完全個室通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan(クロニクルジャパン)天神店トレーナーの大野です!

今回はビタミンDの摂取と効果を発揮するまでの過程についてお話していきます。

ぜひ最後までご覧ください!

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください↓

https://chronicle-japan.jp

【ビタミンDの基礎知識】

ビタミンDの効果はカルシウムのバランスを整えるのを手助けしたり、

免疫力の向上やガン、糖尿病、自閉症などに有効である可能性が高いと注目されています。

今回はビタミンDが体内でどう代謝されるかについてお話していきます!

【ビタミンDの代謝依存】

ビタミンDが体内で正常に機能しないことに関連する疾患は多いそうです。

ビタミンDに関連する問題はビタミンの供給が代謝の問題と密接に関わっているんです。

例えば、摂取したビタミンDは吸収された後、何種類かの酵素の変換を受けなければ

いけませんが、それ以前に腸管や腸内細菌叢(腸内フローラ)の状態に左右されます。

吸収後に変換されカルシジオール(前駆体ホルモン)として血中で検出されても

それがカルシトリオール(ホルモン活性を持つビタミンD)となるか不活性型となるか

内分泌系の制御が関与するということも考えられます。

【ビタミンDのオーバーロード効果】

ビタミンDのサプリメンテーションにおける障壁はよく考えられます。

この障壁を乗り越えやすくするためにビタミンD摂取方法を単回大量摂取という方法があります。

単回の大量摂取で体内への吸収率をあげるということです。

濃度勾配と拡散速度を上げ、結果的により多くのビタミンDが細胞に届くことが確認されています。

※単回大量摂取は必ず医者に相談してください。

【最後に】

サプリの効果を最大限に発揮させるには、サプリメンテーションがとても重要です。

ビタミンDだけでなくほかのビタミンも同じです。

皆さんもせっかく摂取するなら効果を最大に受けたいですよね!

ただ用法容量は守って摂取するのが大前提です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。