BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
肥満とは!?-Vol.2-

肥満とは!?-Vol.2-

こんにちは!

完全通い放題パーソナルジムCHRONICLE-japan天神店大野です☺︎

 

早速ですがみなさんは効率よく

美しいorかっこいい身体になりたいと思いませんか?

 

今回は前回に引き続き肥満についてのお話を掲載いたします!

よくテレビやネットで見たり聞いたりする肥満について説明していきます!

少しでも皆様の為になりますように!!

肥満の原因

肥満は前回説明した通り、

・運動機会の減少
・高カロリー食の安易入手
・肥満になりやすい遺伝子
・消化器系内の腸内細菌の変化

などの複数の要因が組み合わさり起こります。
ただ、一番肥満の原因となるものは
体に必要量よりも余分にカロリーを摂取することであり、
余分なカロリーは脂肪(脂肪組織)として体内に蓄えられます。
必要なカロリー量は人によって異なり、
年齢、性別、運動量、代謝率によって変わります。

運動不足〜肥満の原因〜

先進国では運動不足がよく見られ、
肥満増加の一因となっています。

エレベーターや自動車、
リモコンなどの技術の進歩により
体を動かす機会が減っています。
コンピュータの操作やテレビ鑑賞、
コンピュータゲームなど
座ったまま行うことに使う時間が増えています。

また仕事も肉体労働が事務作業や
デスクワークに変わることで
座っている事の多い人は運動量の多い人と比べ
カロリーの消費量が少ないため、
食事に必要なカロリーの量も少なくなります。
そのためカロリーの摂取量を減らさなければ、
体重は増加し続けます。

食事〜肥満の原因〜

先進国の食事はエネルギーの密度が高くなっています。
つまり先進国の食事は比較的少ない量に
カロリーが多く含まれる食品で構成されています。

そのような食品の大半では、
精製された炭水化物と脂肪が多く、
食物繊維はあまり含まれていません。

自動販売機やファストフードレストランで購入できる
エネルギー密度の高いスナックなどの手軽な食品は、
肥満の増加の一因です。

高果糖コーンシロップ
(ペットボトル飲料によく使われる甘味料)は
特に肥満を引き起こす可能性が高い物として
指摘されることがよくあります。

しかし最近の研究では、
高果糖コーンシロップが肥満を引き起こす可能性は、
糖で同じカロリーを含む食品と
同程度にすぎないということが示されたいます。

遺伝子〜肥満の原因〜

肥満は遺伝する傾向があります。
しかし家族の遺伝子だけにとどまらず、
環境も共有しておりこの2つの影響度を分けることは困難です。

遺伝子は安静時及び運動中に体が
カロリーを燃焼する速度に影響を及ぼすことがあります。

また食欲や食事量にも影響することがあります。
遺伝子は体脂肪が蓄えられる量よりも
蓄えられる場所(腰や腹部)に大きく影響する可能性があります。

体重に影響を与える遺伝子は数多くありますが、
それぞれの遺伝子がもつ影響力は非常に小さなものです。

単一の遺伝子のみが異常である場合、
肥満は滅多に生じません。

まとめ

いかがでしょうか?😊
前回に引き続き
【肥満の原因】について載せさせていただきました。
原因を把握し事前に予防していきましょう!

次回も【肥満とはVol.3】について
載せますのでぜひ見てみてください!
最後までご覧いただきありがとうございました🙇

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。