BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
肺がんについて!

肺がんについて!

こんにちは!

”福岡初”の完全個室通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan(クロニクルジャパン)天神店トレーナーのRIKUです!

今回は肺がんについて載せていきたいと思います!

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください↓

https://chronicle-japan.jp

ー肺がんとは?ー

・肺がんは、気管支や肺胞の細胞が何らかの原因でがん化したものです。 進行すると、がん細胞は周りの組織を壊しながら増殖し、血液やリンパ液の流れにのって転移することもあります。転移しやすい場所はリンパ節、反対側の肺、骨、脳、肝臓、副腎です。

・肺がんは「扁平上皮癌」「腺癌」「大細胞癌」「小細胞癌」の四種類に分けられます。中でも腺癌が50%以上を占め、増加傾向にあります。この中で最も予後が悪いのが小細胞癌です。

ー肺がんの症状ー

・病気の進行に伴い、胸痛、呼吸困難、発熱、全身倦怠感、体重減少などが見られる。さらに、ばち指の他、病変の部位によっては反回神経麻痺による嗄声、上大静脈症候群、Horner症候群などが見られることがある。複数の症状がみられたり、長引いたりして気になった場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

ー治療ー

・手術は、Ⅰ期、Ⅱ期の非小細胞肺がんとⅠ期、ⅡA期の小細胞肺がんが対象で、手術によってがんを取りきることができる場合に行います。術後の順調な身体の回復のためにも、手術前には1カ月以上の禁煙をします。
近年では、胸腔鏡という細い棒状のビデオカメラを挿入し、モニターの画像を補助的に使う開胸手術や、モニターの画像だけを見ながら行う手術が広く行われています。

・放射線治療は、放射線をあててがん細胞を破壊し、がんを消滅させたり小さくしたりする治療法です。がんの治癒や進行の抑制、がんによる身体症状の緩和や延命などを目的として行います。

・薬物療法は、薬物薬剤を点滴または内服で体内に取り入れ、がんの増殖を抑えたり成長を遅らせたりする治療です。体内に入った薬は全身をめぐるので、肺以外の臓器に転移している場合にも効果を期待できます(全身療法)。手術や放射線治療のような局所療法と組み合わせて、治療後の再発や転移を予防することもあります。肺がんは転移しやすいがんなので、薬物療法はとても有効な治療法です。

ーENDー

「今回は呼吸器疾患の肺がん」についてお話していきました!

次回も疾患について上げていきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。