BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
COPD(慢性閉塞性肺疾患)について!

COPD(慢性閉塞性肺疾患)について!

こんにちは!

”福岡初”の完全個室通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan(クロニクルジャパン)天神店トレーナーのRIKUです!

今回は

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください↓

https://chronicle-japan.jp

ーCOPDとは?ー

・肺の生活習慣病とも言われている「COPD」とは、Chronic Obstructive Pulmonary Diseaseの略で、肺気腫や慢性気管支炎も合わせた、慢性閉塞性肺疾患という病気のことです。気管支が炎症を起こしたり肺胞が破壊されて肺機能が低下し、悪化するとせき・たん・息切れが強くなり生活に支障をきたします。せきや呼吸困難などの症状は気管支喘息と似ていますが、進行性であるという点で異なります。日本では約530万人を超える患者数がいると言われており、年々死亡者数が増えています。

ーCOPDの原因・症状ー

<原因>
最大の原因は喫煙ですが、粉じん、大気汚染や乳幼児期の呼吸器感染、遺伝なども原因としてあげられ、受動喫煙も発症の原因となります。たばこの煙や化学物質などの有害物質の吸引によって、気管支の組織が炎症を起こし、たんが溜まることで空気が通りにくくなります。また、肺胞が破壊されて酸素をうまくとりこめなくなってしまいます。

<症状>
・慢性の咳嗽
・喀痰(黄色や粘りのある痰)
・労作時呼吸困難(少しの動作で息切れ)
・口すぼめ呼吸
・ビア樽状胸郭
・肺過膨張

ー治療ー

・禁煙
→進行の防止と症状の改善!

・薬物療法
→いずれも気管支を広げ呼吸をしやすくする作用によって症状を軽減します。最近は効果に優れた吸入薬が開発されていますが、残念ながら破壊された肺を完全にもとの健康な肺に戻す作用はありません。したがって症状を完全に取り去ることはできませんし、薬を中止した場合、症状はもとに戻ってしまいますので、先生の指示に従って治療を続けることが大事!

・各種ワクチン
→インフルンザワクチン、肺炎球菌ワクチンの接種が一般的に進められる!

・栄養
→しっかりカロリーを摂取していかないと、低栄養から筋肉内のタンパク消費、筋肉が痩せていく、呼吸筋の低下、呼吸困難がます、より呼吸筋を酷使、慢性的に呼吸筋を使用するため、消費カロリーが大きくなり悪循環を繰り返すため、医師の管理のもと栄養状態を良くしてくことが大事!

ーまとめー

最後までご愛読いただきありがとうございました!
今回は呼吸器の病気COPDについて載せさせていただきました。
次回も病気について上げていきますのでよろしくお願いします!

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。