BLOG ブログ

今すぐ「初回体験」に申し込む
【前編】コーヒーの健康効果!!

【前編】コーヒーの健康効果!!

こんにちは!

”福岡初”の完全個室通い放題パーソナルジム

CHRONICLE-japan(クロニクルジャパン)天神店トレーナーの大野です!

コーヒーに関しては様々な情報が飛び交っています!

今回は最新の情報をお伝えしたいと思いますので最後まで見てくださいね!

随時、初回体験とパーソナルトレーニングの受付しております。
↓HPよりお問合せください↓

https://chronicle-japan.jp

【コーヒーの人気】

コーヒーの人気はすさまじく、毎日約20億杯が世界中で消費されているそうです!

食生活が偏りがちなアメリカ人にとってコーヒーはポリフェノール摂取に欠かせないことも多いとのこと!

ただ、医療(病気を治すこと)と栄養(健康)、ライフスタイルなどの取り組みは少し違う為、コーヒーに頼りすぎないようにしてくださいね。

【コーヒーの病気予防効果】

2021年のメタ解析(過去に行われた複数の研究結果を統合しより信頼性の高い結果を求める統計解析手法のこと)ではカフェイン入りコーヒー摂取は、

・心血管疾患の発症
・肝細胞ガン
・子宮内膜ガン
・メラノーマ(皮膚がんの一種)
・非メラノーマ皮膚がん
・2型糖尿病

といった上記のすべてのリスク低減に関係していることが分かったそうです。

最近ニュースになり話題を呼んだ研究でも、無糖or加糖(微糖)コーヒーの適度な摂取は死亡リスクの低下と関連していました!

ようは少し甘くても大丈夫ということです!

【コーヒーと代謝能力について】

・脂質代謝への影響

酸化ストレスの指標となるオキシステロールがあり、オキシステロールは健常者において、

炎症性遊離脂肪酸と関連すると考えられており、炎症性の高い脂肪酸は放置するとよくないのでマクロファージ(免疫細胞)が取り込みます。

すると泡のようになりこの状態を泡沫細胞と呼びます。泡沫細胞は血管壁に沈着し動脈硬化を促進します。

しかし、コーヒーに含まれるフェノール酸類は泡沫細胞を改善してくれます!

実際に臨床試験で適度なコーヒー摂取が、泡沫細胞中のオキシステロールと遊離脂肪酸のレベルを低下させたそうです!

・糖代謝能力への影響

アジア人の男女において、コーヒーの摂取が2型糖尿病の発生を予防する効果があるというのは有名な話で、

効果としてはコーヒーを1日1杯飲むことで2型糖尿病の発症リスクが8%下がるそうです!

コーヒーは高脂血症(中性脂肪やコレステロールなど脂質代謝に異常をきたし正常値を外れている状態)や炎症性を改善する可能性があるため2型糖尿病のリスクを下げることに繋がってくるのです。

【次回は...】

コーヒーの持つ効果少し理解できましたか!

次回もコーヒーが体に与える良い影響をお話していきます!

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

次回もぜひ最後まで見ていってくださいね!

CONTACT お問い合わせ

体験コースをご用意しております!
見学も可能です。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。